お家選びのポイントその3〜間取り作りは未来予想図〜

miraiyosouzu
こんにちは。
RE住むスタジオ国体道路店・企画のシモカタです。


ドリカムが大好きです。

唐突にすみません。今回のブログのタイトルを考えていて、ふと思い当たったフレーズが未来予想図だったので、先に宣言しておきました。

ところでこのお家選びのポイントシリーズ「何回続くの!?」とお思いの方もいらっしゃると思うので、一応お伝えしておきます。

エンドレスです。

‥冗談です。

本当は今回含めて、あと3回です。

そろそろ、この次を考えていかないといけないのが悩みだったりします。

そんなわけで、本日はお家選びのポイントその3ですよー。

間取り作りは未来予想図

間取り作り‥恐らく、一番夢が広がるポイントだと思います。
どういった部屋に住みたいか、どんな暮らし方をしたいのか、どれだけのものを入れたいのか、
考え出すと希望や夢が溢れだすと思います。

もちろんテンションも上がります、ですが‥同時に建てられる家の広さや制限で、理想通りにいかないことにもぶつかります。

そんな時はどうするか‥

3つの質問で、この問題は解決に向かいます。

1問目:「今」どんな生活を送りたいですか?

2問目:「15年後」の家族構成は?

3問目:「30年後」はどんな暮らしを送ってる?

なぜ、この3つなのか。
答えは「30年経つと、人は30歳、年齢を重ねる」ということです。

0歳の赤ちゃんは30歳の大人になって、結婚しているかもしれません。
もしかしたら、お孫さんも生まれているかもしれません。

30歳のパパは60歳です。
書斎でゆっくり、趣味に没頭したいかもしれません。

25歳のママは55歳。
服がどれだけ増えているのか、嗜好や興味も変わって、モノも増えているかもしれません。

人それぞれ、歳の重ねかたは違います。
家族それぞれ、違います。

けれども、一つだけ共通して言えることがあります。
それは「ライフスタイルが変わること」です。

今だけじゃなく、これから先の人生を想像する。
将来、幸せな生活を送るために必要な部屋数は?間取りは?

そんな目線をプラスして、間取りを考えて行くのはどうでしょうか?

皆様の未来予想図が「思った通りに叶えられてく」ことを、楽しみにしています。

明日はモデルルームのオープンハウスです!皆様のお越しをお待ちしています^^

では本日はこの辺で。
分かりにくいことや質問などありましたら、お気軽にお問合せくださいね。