お家選びのポイントその1〜自分に合ったお家の見分け方4選〜

Eyecatch201511101830-e1447483922233
こんにちは。
RE住むスタジオ国体道路店・企画のシモカタです。

今日から、時々「お家選びのポイント」についてブログを書いて行きたいと思います。

今回はまず一回目ということで「自分に合ったお家の見分け方」について書きたいと思います。

一言で「自分に合った」と言っても、どんなお家かは人それぞれですよね。
今回は、それを自分で理解する為のポイントです。
ポイントは大きく分けると4点。この4点のバランスがとても重要になります。

【ポイント1:立地】

どのような場所にあるかどうか、これが1つめのポイントです。小学校などの学校区、近くの道路状況、スーパーや公共施設への距離、夜の街灯…考えるポイントは沢山ですが、「どんな場所で暮らしたいか」ということが重要です。

【ポイント2:間取】

どんな「家」に住みたいか。2つめのポイントは間取りです。リビングの広さはどれくらいか、玄関の位置・水廻りの位置は、これからの暮らし方、ライフスタイルを考えていくうえで非常に大きなポイントになります。何人で暮らすのか、何年後を見据えるのか。将来を同時に考えるポイントです。

【ポイント3:テイスト】

どういった「雰囲気」の場所で暮らしたいか。一番好みがでるのは、この3つめのポイントです。リノベーションや新築のように自分の理想を叶える手段も有りますし、中古を買って、徐々に好みに近づける手段もあります。


これら3つのポイント+もうひとつのポイントが重要です。最後のポイントは、上の3つとは少し目線が変わります。


【ポイント4:予算】

上記3点のポイントは、お金さえだせば全て叶える事も不可能ではありません。
ですが、現実問題、それぞれ出せる金額には限界があります。
では、どうするべきか?
それは、3つのポイントに「どう優先順位をつけて」「どう予算を配分するか」です。

どんな場所で、どんな間取りの家で、どういったテイストのお家で、あなたは暮らしたいですか?

家族で相談するのはもちろん、専門家である不動産業者に相談するのもひとつの手段です。
困ったことや悩みは、遠慮なく相談して下さいね♪
以上、お家選びのポイントその1〜自分に合ったお家の見分け方4選〜でした。
分かりにくいことや質問などありましたら、お気軽にお問合せくださいね。